責任感が強くなった(M.O)

redpinVOICE4 M.O

第一システム事業部 開発二部 プログラマー
国際電子ビジネス専門学校 情報スペシャリスト科4年課程 卒業
2014年4月入社

現在の仕事内容を教えてください。

現在は実際に稼働しているシステムの新機能追加、バグ(システム不良)の対応を行っています。設計書の修正からテストまで一通りの作業を任されています。

この仕事のやりがいを教えてください。

私が対応した機能が実際に動いたときです。少しの機能修正でも、検討・対応にかかる工数もそれなりにあるので、システムが実際に動いて成果が確認できたときにやりがいを感じます。まだまだ学ぶ事も多いので、知識・スキルも身につけて仕事の幅を広げて、今以上にやりがいをもって仕事ができるように日々精進していきます。。

入社後、自分自身変わったこと、身に付けたことを教えてください。

仕事に対する責任感が強くなりました。

最近では1つの機能を担当することになりコーディングやテスト方法など深く考慮しながら仕事に励んでいます。そのためにも『報・連・相』はまめに行っています。常に報連相を実施することによって、「相手とのコミュニケーションがとれる」「仕事が効率よく進められる」「上司が仕事を任せやすい人材になれる」が実現可能になるはずです。新人研修で学んだビジネスルールがしっかり現場で活かされています。また、スケジュールも管理しないといけないため『TODOリスト』を作成するなど工夫をしてスケジュール管理も行えるようになりました。

学生の皆さんへ一言お願いします。

まずはいろんな会社を調べて会社説明会に参加してほしいです。
その中で「この会社で働きたい!」と感じたところに就職できるよう自分のアピールポイントを面接で伝えられるように備えることが大事だと思います。

 

9:00 出社
スケジュールを確認する。
10:00 ドキュメント修正
要件定義書をもとに設計書を修正する。
11:00 設計書レビュー
有識者との設計書レビューを行い、指摘があれば設計書を再度修正する。
12:00 昼食
13:00 プログラミング
設計書通りにプログラミングする。
14:00 ソースレビュー
有識者とのソースレビューを行い、指摘があればソースを修正する。
15:00 テストケース作成
設計書通りにプログラミングできているか動作確認するためのテストケースを作成する。
16:00 テレビ実施
新規機能(アップグレード)と既存機能(ノンデグレード)のテストを実施する。
17:00 リーダーチェック
チームリーダーがテスト結果を確認する。
18:00 夕会後、週報作成
帰宅